2019年3月24日日曜日

現在の満開

の前に朝のお勤め。
イベント参加で忙しい相棒に代わってお遍路さんの見送り。
これからは軽トラの出番も多くなります。

春は次々と果樹の花が咲きます。
宿前のアーモンドが満開に!
何で宿側に伸ばしてるか?というと
2階の廊下から見た時に
目の前に見えるように!
あと2~3年で窓から手を伸ばせば
届くようになるかも?
峠のアーモンドも満開。
今が見頃です!

2019年3月23日土曜日

見送り

3年の任期いっぱい
加茂谷で地域おこし協力隊として
活動してくれた渡辺くんのお見送り。
会長は最初から涙ナミダで贈る言葉になりません。
この3年間、渡辺くんは会長のお膝元でもある
細野町で生活してきて
いろんな面でお世話してきただけに
彼に対する想いは他の誰よりも強いでしょう!
渡辺くんの、ご両親と7つ下の弟さんがお迎えに。
今後は家業の砥石屋を継ぐ決意で
地元の愛知に帰ります。
ホントにコレが最後の挨拶で
本人も涙ナミダ。
着任当初は挨拶も不慣れでしたが
今は感心するくらい上手になりました。

そんな彼の見送りに多くの住人が駆けつけてくれました。
渡辺くんはホントに人に好かれる
嫌味の無いタイプ。
この3年の間には、いろんな葛藤もあったでしょう!
でも任期を全うした事が今後の糧となるでしょうし
加茂谷での活動が無駄では無かったという事を
家業に活かして証明して欲しいな!と思っています。
お別れではなく今後も加茂谷の広報大使として
よろしくお願いします!またね。

2019年3月22日金曜日

ハシリ

なんだか3月とは思えない?
晴れてるとTシャツでも汗かきます。

この陽気に誘われて?
ふと見ると、いつの間にか伸びてる!
タラの芽。
あわてて山のも見に行ったけど
伸びてるのは、この2本だけだった。
野生のはデカイ!
でもハシリのは柔らかいし
一番芽は旨いよぉ~!

2019年3月21日木曜日

追いつかない

ヤバイ!
採っても、採っても次々と!
あっち見ても
こっち見てもワラビだらけ!
今日のところは
このぐらいにしといたった!
半分も採ってないけど…。
ウチには囲炉裏があるので
100%木灰がたっぷりあります。
バンバン出荷するで!

2019年3月20日水曜日

ついに

ミカンの剪定にかかってます。
ウチはミカンの本数が一番多いので
ここからが大変な作業になります。
暖冬なので、もう下草がイキイキ!
落とした葉をはっ作に食べてもらいたいけど
ここに放牧すると落ちてる葉より
生ってる葉を食べてしまいます(笑)
勢いのある木は向こうが見えません。
なのでスカスカに枝を落としてます。
こんな木だらけだと
なかなか先に進めません。
まあ根気強くいっときます!

相棒が出張中。
毎年聞きに行っている
「四国へんろ道文化」
世界遺産化の会のフォーラム。
今回は、最後に行われる
パネルディスカッションのパネラーに相棒の名が!
テーマは「女性と外国人の視点から、百年前の四国遍路を探る」
大丈夫か?喋れるのか?
剪定に追われていなければ
私も行きたかったのですが
お時間のある方は是非参加を!

2019年3月19日火曜日

嬉しい便り

神奈川から遍路で四国に来られている
M様から嬉しい便りが届きました。
そして贈り物まで。

M様が初めて宿泊されたのは2013年
初遍路で霊場、別格、奥の院と全部制覇、スゴイ!
当時、私は太龍寺の奥の院が
黒滝寺だという事を知りませんでした。
どこにあるのか?どう行けばいいのか?
調べる過程で、いろんな事を知る事ができました。
当時M様が実際に行かれた時の行程が
今も残っていて活用させていただいてます。
M様は、その後2度遍路で宿泊していただいてます。
当時のお礼という事で
屋号と同じ名前の甲州ワイン。
私がダイビングを趣味にしていたので
この名前にしたのですが、なんと
このワインの酵母は海由来。
細かな気遣いに感動!

そしてM様は私と同じ農業人。
裏山の山百合の球根も。
山百合は神奈川の県花だそう。
初夏に咲くという大輪の花が楽しみです。
ほんとうにありがとうございます。

宿と遍路で繋がる縁。
これからも大事にしていきます。

M様は現在66歳。
70歳で再び遍路にとのこと。
もっと早く、お四国病が再発するかも(笑)
再会を楽しみにしております。

2019年3月18日月曜日

苗木植え

先日、三又で枯れた木を抜いた跡
新しい苗木を植えていく作業。
ただ植えているだけじゃなく
自家製の特製堆肥などを仕込んで
成長を促すような仕掛け?をしてあります。
でも、まともに収穫できるようになるまで5年。
木の成長が早いか?
他の木が枯れるのが早いか?
カミキリ虫との勝負の始まり?!

2019年3月17日日曜日

できた

50本ほどある干し柿用の
大和柿の剪定終了。
剪定前はズンバイだらけですが
終わるとスッキリ!

午前中は晴れ間もあったのに
午後は急に雨が降り出したり
また晴れたりと天候が定まらず
農作業泣かせの一日でした。
宿前の杖の洗い場に
剪定したサクランボの枝を置いてたら
いつの間にか満開になってたのですが
ここのところの陽気で、あっという間に満開を過ぎ
相棒に片付けられてました。

2019年3月16日土曜日

植え替え

毎年、数本枯れるミカンの木。
この時期は、いろんな道具が登場しますが
これは「三又(さんまた)」とチェーンブロック。
木は枯れてても
根は、まだ生きてるので
こういう道具の力を借りないと
掘り出せません。
ほら、まだ生きてます!
枯れた原因の穴。
カミキリ虫にやられた痕。
この木も枯れてるけど根は元気。
これじゃぁ枯れるわな!
年々酷くなるカミキリ虫の被害。
どうにかならんか?

2019年3月15日金曜日

意見交換

本日、中四国農政局の方々が
加茂谷に来場され、まちづくり会の取り組みを
紹介させていただきました。
今回の来場は当会が
「第5回ディスカバー農山漁村の宝」で
全国で1,000を超える応募の中から
32地域の一つに選ばれたという事で
どんな取り組みをしてるのか?
を説明させていただいて
意見交換では
なぜ活動がうまく進んでいるのか?
今後の問題点など、お話させていただきました。

私が思うに住民の意識には温度差がありますが
この会に参加しているメンバーは
過疎ということに対して問題意識が高く
ボランティア精神に長けている方ばかりで
初期に取り組んだ「すきとく市」への出荷で
手数料が会に入るようになり
少しですが運営資金として
自己資金を確保できるようになった事が
会の活動がうまく回るようになった
要因の一つじゃないでしょうか?
やっぱ先立つモノが無いと何も進みませんものネ!
今回の意見交換で会の活動が
更に活性化されるといいな!

2019年3月14日木曜日

昆布茶

普通のかと思って袋を開けて
湯呑に入れたら
昆布が寿の文字になってた!
なんかいいことありそうな感じ?!

昆布といえば
カニ祭りの日に
「あふれ出るご利益昆布札」
というのを平等寺の副住職が持ってきてくれて
ご利益のあふれる出汁で鍋をいただいたのですが
もう商品として販売してるのだろうか?
ヒトの考える付加価値って面白い!

2019年3月13日水曜日

やっと

山の果樹の剪定が終わり
いよいよ干し柿用の大和柿の剪定。
予定では3月に入ってすぐ作業の予定でしたが
2週間ほど遅れてしまいました。
早朝の畑は3月半ばというのに霜だらけ。
踏むのが、もったいないくらいの芸術?!

丸一日剪定する時間があれば
もっと早く作業も進むのですが
何やかやと、やる事いっぱいで
思うように作業が進まん!

2019年3月12日火曜日

和を洋に

アーモンドの花が咲き始めました。
桃の受粉樹として植えたのですが
やたら桃より早く開花します。
でも花持ちがいいので
桃の花が追いついてきます。

地元のフランス料理シェフが
食材を採りに来られました。
今回はワラビ。
和の食材が、どのように
フランス料理に変化するのか
すごく興味あるし楽しみです。
彼の店は既に何か月も先まで
予約の取れない店になってて
店が繁盛するのは嬉しい事ですが
ほとんど体を休める時間が無いようで
まだ若いとはいえ心や体の疲れが心配です。
こうしてウチの山に来て季節の移り変わりを
肌で感じるのがリフレッシュになるそうです。
いつでもウェルカムだよ!

2019年3月11日月曜日

八朔総採り

これまでも相棒が野菜BOXに出す時とか
ちょこちょこ採ってましたが
完熟の時季だし注文があったので
総採りする事に!
昨日の大雨が信じられないくらいの快晴。
風は強かったけど収穫はサクサク。
本数は少ないですがコンテナ3杯ありました。
今季、八朔は生り年(表年)だったので
どの木も沢山実を付けてます。
味見してみましたが
やっぱ完熟は美味しいね!
でもキレイなのは1杯分くらいかな?