2018年6月18日月曜日

パンケーキ風

湿気の多い、この時期ならではのモノ。
いろんなモノを見てきましたが
この模様のは初めて。
最初、見つけた時は
「誰だ、こんなとこに大判焼き捨てたのは!」
とか思いましたが
マジマジと見るとキノコ。
下を見ると軸もあって
傘も開いて胞子バンバン状態。
キノコの世界もイロイロ。

2018年6月17日日曜日

いいタイミング

梅雨の中休み?で晴れの日が多く
スモモの収穫は順調で
大石早生の収穫は終了。

ちょうどいいタイミングで
次に控えていたメスレーが
熟れてきました。
その年の天候とかで
大石早生と一緒になったり
時には早く熟れたりして
ドタバタになる年もありますが
今年はキッチリ作業を移れます。

ちなみに
メスレーの次に控えてる
スモモの王と書く品種の李王は
まだまだ青い状態。
今年の熟れ方は教科書通りのよう!?

2018年6月16日土曜日

逃した獲物はデカい!

今は山の中腹にある
スモモの収穫中なのですが
高い位置の実を採るために
峠付近に置きっぱなしにしてある
大きな三脚を取りに行った時
森の中でガサガサ音がするな!と
音のする方へ足を運ぶと…
このヤマモモの巨木にも負けないくらいの
デッカイ鹿が網にかかって暴れてました。
いつもなら息絶えてから処理して
網を直すというパターンなのですが
今回は、あまりの鹿力に網が耐えられず
峠を少し下ったところまで網を
引きずっていってるのが分かると思いますが
私と目が合った瞬間に大暴れして
網を引きちぎって逃げていきました。
何かと忙しい時に限って
こういう事が起きて、こんな状態だと
獣に自由にお通り下さい!と
言ってるようなものなので
新しい網を買って掛け換えました。
時間も出費もタイヘンだっつうの!

2018年6月15日金曜日

新ラッキョ

ウチは母が作るので
実家に居て買うことはありません。
植えて3年目のを掘り出し
ソウヤクして水洗い。
この作業が見ててタイヘン!
ここから先は、それぞれの家庭の秘伝(笑)
家の外までスゴイ臭いが漂ってます。
早くても三か月待ち!
私に、この作業はムリです。

2018年6月14日木曜日

次に控えしは

スモモの大石早生の出荷が
そろそろ終わります。
そして次に熟れるスモモがメスレー。
少し色付いてきたかな?という感じ。
今年は、どのスモモも生り年で大豊作なのですが
メスレーは超大豊作!
どんな状態で生ってるか
分かりますか?
細い枝に、これ以上はムリ!っていう感じ?
ホントは摘果して数を調整しないとダメなのですが
そんな時間も無く気付いた時には
もうすでに遅いという状態です。
経験上、来年は間違いなくウラ年で不作(泣)
まあ鬼が笑う前に今年の売らないと!

2018年6月13日水曜日

豆記者再び

毎年恒例になってきた
母校、吉井小学校の社会見学。
今回も3年生15名が来てくれました。
女将と話してる感じで
後ろから撮りたかったんだけど
どうしても子供たちがカメラ見てしまうので
加工したら心霊写真みたいに
なってしまって申し訳ない。
でも最近は個人情報ウルサイからね!

今回はW君に
「宿を作るのにいくらかかりましたか?」
「木の板は全部でいくらでしたか?」
と、いろいろ金額攻めに遭い答えにタジタジ(笑)

一通り取材を終えて子供たちが先生に
「ここに泊まりたい!」
「宿泊研修ここでやろうよ!」
とか言ってくれて
毎回オッチャン涙ちょちょ切れてます。
地元の子供たちに取材してもらうって
ホント嬉しいよねぇ~。

2018年6月12日火曜日

熟れてた

昨年、15日に見に行って
少し遅いな!と思ったので
今年は今日見に行ったけど
やっぱり遅かった。
来年は10日より前に見に行かないと!
でも梅やビワの収穫と重なるから
どうしても手が足りなくなるんだよなぁ~。
ここのところ雨の日が多かったので
糖度が乗ってるか心配でしたが
食べてみたら美味しかった!
とりあえず10㎏ほど収穫。
昨日も書きましたが
コレを山から下ろせる事が幸せ。
トマトじゃないですヨ!
パック詰めの際に大きさ別に分けた状態。
さあ初モノは売れるでしょうか?

2018年6月11日月曜日

足に感謝

足を骨折して約二か月半。
最初の2週間ほどは自分の体重も支えられず
ちゃんと治るのか?と思ってましたが
完治とはいかないまでも
この採りカゴに入った15㎏ほどの梅も
山から下ろせるようになりました。
朝から大雨の予報が出てたので
休養日だ!と思ってたのに青空も出てて
休むワケにもいかず梅の収穫。
いよいよ本命の南高に。
桃じゃないですヨ!
南高の特徴は、この紅刺し。
出荷もしますが、とりあえず
ウチの梅干し用20㎏、作業に入りました。
今年の梅は出来がいいので仕上がりが楽しみ!

2018年6月10日日曜日

大冒険

この時期目立つアマガエル。
野菜の出荷に隣町へ出ようとすると
サイドミラーにアマちゃんが。
遠いトコまで連れてって
生態系が変わってはいけない(大ゲサ)と?
降ろそうとしたのですが
ココが心地良いのか?
降りようとしないので、そのまま出荷へ。
出荷してる間に、どっか行くかな?
と思ってましたが結局…
そのまま戻ってきました。
途中、橋を渡ったり
トンネルを通ったりと
スリル満点の大冒険になったかな?!

2018年6月9日土曜日

地域人

第34号。
3月に取材していただいた雑誌が届きました。
この雑誌は大正大学が発行している月刊誌。
学内の地域構想研究所が編集しています。
毎号、地域創生の為の情報が満載なのです。

大正大学には地域創生学部があって
阿南市では学生を受け入れて
地方にある、あらゆる問題解決に
取り組んでもらってます。
今回、取材していただいたのは
地域構想研究所の古田尚也教授。
四国最古の遍路道を復活・再生し
地域創生に活用している新たなモデル地区として
加茂谷を取り上げてくれています。
最古の遍路道「かも道」の価値や
地域が活性化する仕組みなど内容充実。

そして、こんな連載も。
スポーツジャーナリスト 二宮清純氏による
「阿南市は野球を軸に地域を活性化する」
内容盛り沢山なので
是非ご購読を!

2018年6月8日金曜日

完熟

桃の袋かけに気を取られていたら
3日ほど前までは、まだ青かったのに
木生りのまま黄色くなってきてました。
まあ青梅で収穫しても
しばらくすると黄色くなるし
木生りで完熟した梅の方が
果実酒にしても梅干しにしても
美味しく仕上がるんだけどネ!
とりあえず桃は置いといて
この梅を先に収穫だ。

2018年6月7日木曜日

雑草の中に

袋かけしてる桃の木の元に
ふと目をやると
使える食材があるの分かりますか?
十数年前に東京から戻った時には
コレがアノ野菜だと気付いてなく
草刈り機で全部刈ってました。
知らないって恐ろし~い!
ここまでUPにすると分かりますね。
野生のミツバ。
なんと宿のオープン当時宿泊された
高校の先生に教えていただきました。
その先生曰く、ウチの山は
野生ミツバの宝庫だそうです。

最近はフレンチのシェフにも興味を持っていただいて
やっぱり宝の山だそうです。
何を見出してくれるのか?楽しみ!

2018年6月6日水曜日

送迎復活の日

足を骨折して以来
お遍路さんの送迎からは
しばらく遠ざかっていましたが
今は車の運転は問題ないので
先日、久しぶりに送迎復活!
これまで、いろんな場所でお見送りしてきましたが
この桑野川の土手は初めて。
ウチから、この場所まで約20分が
お客様との会話の時間。
ここから平等寺までは2㎞ほどなので
車で、このまま行っても5分ほど。
寺までお送りしましょうか?と尋ねたら
ここからなら歩ける距離なので、との返事。
どうやら少し前に脳梗塞を患っていて
普通に歩いてるように見えるけど
ホントは、ちょっとムリしてるとのこと。
あまり深く聞きませんでしたが
しばらく足を患ってる私には
この気持ちが身に染みて分かります。
ホントは全部歩きたいんだけど歩けない。
そう、ムリしなくてもいいんです。
できるだけ、その人の考え方に寄り添った接待。
いつもできるワケじゃないし
難しいけど理想は高く。
無事の結願、お祈りしております。

2018年6月5日火曜日

雨降りに

だいぶ足が動くようになったので
裏山で薪を作る作業で使ってた道具を
片付けに行ってみたら…
森の中から何か視線を感じませんか?

私も、だいぶ探しましたが
分かりますか?
振り返って、こっちをジッと見てますよ!
もう人間は怖くないのか?
お互い動かず我慢比べ(笑)
最後は勝ちましたけどね!

昼過ぎには予報通りの雨。
何故か哀愁を感じてしまう。
苔鉢を見つめるアマガエル。
日本のワビサビが分かるのだろうか?
人間なら
ここで一句?!

2018年6月4日月曜日

中休み

梅雨も、どっかにいったような
快晴の日が続いてます。
でも明日から、また梅雨空らしいので
こんな景色は、しばらく見納めかな?
相変わらず桃の袋かけの毎日ですが
あまりに天気のいい日が続くので
なんか実が一気に大きくなってきて
しかも色付いてきてヤバイ?!
尻に火がついてきた!
けど、はっ作には「そんなのカンケーねぇ!」
「早く、その摘果した実をくれぇ~!」ってか?

2018年6月3日日曜日

結実

いや~、梅雨とは思えないくらいの快晴。
さすがに真夏日となると暑過ぎ?

一週間ほど前には、まだイガは見えませんでしたが
分かりますか?
こんな小さな栗のイガ。
もうちゃんとトゲもありますヨ!
台風の直撃なければ豊作かな?!