2017年7月25日火曜日

まもなく

桃の次の果樹。
梨。
ウチは、オーナーの希望に沿えるように
いろんな果樹を栽培してるのですが
梨もあります。
毎年ケモノにやられて全滅になるのですが
ここまで大きくなって残ってるのは初めて。
ケモノにやられる事を想定して
摘果をしてないのですが
このままなら8月後半には収穫なので
やっといた方がいいかなぁ~?!
もう遅い?
毎年、この時期に親戚からいただく「鰻」
今年は徳島産の調理済み。
一人一匹なんてサイコー!

2017年7月24日月曜日

おとり

オーナーの桃がケモノにやられないように
峠にあるのが…
袋をかけないで
そのままにしてある桃。
ただ、ケモノも野生の勘?が働くようで
今年は、この桃に目もくれず
麓の桃を狙ってきました。
おかげで?ほったらかしの状態で
こんなキレイな桃が
そのまま残ってます。
作ろうと思ってもなかなか作れないのに
自然は不思議です。

2017年7月23日日曜日

やっと咲いた

八重咲きのクチナシ。
この鉢植えを叔父さんからいただいたのは
10年以上も前。
ツボミは付くのですが
咲く前に落ちたり害虫や病気にやられて
一輪ですが咲いた花を見るのは初めて?
なんかクチナシじゃないみたい!
でも香りは間違いなくクチナシだ!

こうしたウチの鉢植えは
私しか世話をする人がいません。
一ヵ月ほど前にキレイに雑草を抜いた鉢も
すでに、また雑草だらけ。
また時間をみて少しずつ整理してます。

先日、雨で中止になった消毒を
明日やろうと思っているのですが
相棒が庭木の剪定とかやってるもんで
明日も雨か…(笑)
隠し撮り風?
ということで明日も早いので寝ます!

2017年7月22日土曜日

遍路3回目

毎日、早朝に起きる日々。
こりゃあイイ天気になりそうだ!

毎月22日といえばコレ!
平等講四国巡礼ツアー。
今回で3回目。
集合場所の平等寺で最初の勤行を終え
鶴林寺へ
次は地元の太龍寺。
ということでバス移動中に
副住職が話される今回のテーマは
「阿南市の遍路道と世界の巡礼」
私達の住む地元、阿南市に
最古の遍路道が残っている事はホント宝です。
バスツアーなので、この遍路道は歩きませんが
こうした宝を後世に残していく活動は大切なのです。

平等講ツアーでは先達による解説も聞き処なのですが
「淀ヶ磯」のお話が心に残りました。
徳島から高知に入り東陽町を過ぎると
現在も10㎞ほど民家も自動販売機さえも
無くなる道中になるのですが
今のように国道が無かった時代には
こうした海岸線を歩いていたとのこと。
岩場は先に進むの大変だったでしょう!
靴じゃなくてワラジですからネ!
まさに発心から修行に変わる場所?!
薬王寺から最御崎寺まで歩くと
3日ほどの行程になりますが
車だと1時間半ほど。
弘法大師が若い頃修行したという御厨人窟。
今は落石などで中に入れませんが
何か違う「気」が流れてる?!
ということでカンカン照りの中。
無事に本日予定の金剛頂寺まで参拝終了。

2017年7月21日金曜日

そりゃあ

被害も出るわな!
徳島新聞 2017.7.18
山好きの方なら場所も分かると思いますが
徳島と高知の県境、三嶺。
記事によると、この付近の鹿の生息数は
2007年に約4500匹、2015年には16500匹なので
3倍以上増えてるのです。
今はもっと多くなってますよね?
ココが、こんなに増えてるんだから
ウチの周辺も、そりゃあ増えるわな!

昨夜も鹿の叫び声が近くから聞こえてきました。
もう網を点検に行くのがしんどいです。
見つけてしまうと作業が増える?!
ほんまケモノの被害どうにかならんかのぉ?!
スモモ「鹿?それより、この暑さはどうにかならニャいのか?」
相棒の真似して自撮り風にしてみました。